記事一覧
勃起障害に有効な醗酵黒ニンニクサプリの賞味期限

ニンニクは昔から疲労回復効果や精力増進効果があると分かっており、さまざまなシーンで使用されてきました。 仏教の世界では、ニンニクの強精作用は煩悩になるとして食べることが禁止されていたということです。 また、ニンニクは最も癌予防に有効な食材とされており、積極的に摂取していくと良いでしょう。 ニンニクの効能をさらに高める食材とされているのが黒ニンニクなのですが、これはニンニクを酵素の力で醗酵させて作ります。 黒ニンニクには抗癌作用のある成分や抗酸化作用のある成分、動脈硬化の予防効果ができるポリフェノールなどが豊富に含まれています。 勃起は性器の海綿体に血液が送り込まれることで起こるものです。 若い頃は血管が柔らかく、大量の血液をすぐに送り込むことができるのですが、加齢やストレスなどの原因でなかなか勃起できなくなってしまいます。 このような勃起障害は、勃起に必要な血液を十分に送り込めなくなってしまうことが原因であり、血液をしっかり送り込むことができれば男性機能を回復させることができます。 ニンニクに含まれるアルギニンという成分にその効果があるとされており、これはED治療薬の主成分としても知られています。 醗酵させた黒ニンニクは、普通のニンニクよりもアルギニン成分が高まっているため、ED治療薬に近い効果を期待できるでしょう。 黒ニンニクは精力を増強させる効果があることはもちろん、気力や体力を回復させる効果もあるため、40代以上の男性で勃起しにくくなってきたと感じたら、醗酵黒ニンニクのサプリメントを利用するのがオススメです。 ちなみに、サプリメントには賞味期限もあるため、しっかり守って飲むように気をつけましょう。

2019年08月26日
勃起障害解消にニコチン摂取の衝動を予防

タバコにはニコチンが含まれており、勃起障害を促進することが知られています。 タバコは生活習慣病を促進することで知られていますが、勃起障害も生活習慣病の一つなのです。 若くしてバイアグラなどのED治療薬を服用している方には、喫煙者が非常に多いのです。 喫煙は身体にとって何一つメリットがありません。 デメリットは無数にあり、その中でも生活習慣病を促進するのが血管収縮作用なのです。 血管が細くなることで血流の循環が悪化し、下半身の元気もなくなるわけです。 タバコは衝動的に吸いたくなるものですが、勃起障害の改善のためには早期の禁煙が必須です。 喫煙しながらED治療薬を飲んでも、本来の薬効を得られなくなる可能性があります。 勃起障害を改善させるためには、ED治療薬を服用するだけではいけません。 服用しつつ生活習慣を見直していく必要があるのです。 原因を解消していくことで予防が可能となり、将来ED治療薬に頼らず性行為ができるようになるかもしれません。 ニコチンのデメリットを解消するには、タバコを止めるしかないのです。 精力剤でニコチンの害を相殺しようとしても無理なのです。 現在において、タバコの害を相殺できるような精力剤やサプリは存在していません。 ヘビースモーカーの方が沢山のサプリを飲んで健康対策するよりも、サプリを飲まずに禁煙したほうが健康によいのです。 勃起障害の原因は多岐にわたるため、タバコを止めたから完治するとは限りません。 しかし、危険因子が一つ減ることで、確実に症状は軽減するでしょう。 軽度の状態まで改善できれば、ED治療薬に頼らず性行為を成功させられる可能性もあります。 薬には必ず副作用がありますし、ED治療薬は安いものではありません。 服用せずに性行為ができる状態に導くのがベストです。

2019年07月31日
EDとSDって何?

EDという言葉は男性ならすぐにわかると思います。 勃起不全のことです。 少し前まではインポテンツといわれることが多かったですが、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどの誕生とともにedという言葉が主流になっています。 もうひとつあまり知られていませんがsdという言葉もあります。 これは男性の性機能障害を表します。 大まかに言いますと性機能障害SDの中にED勃起不全がカテゴリーの1つとして含まれます。 男性の性機能障害を判断する基準には、性欲、性的行為、射精、ED治療薬、オーガズムがあります。 そのうち1つでもかけるか、あるいは不十分かで判断します。 EDは男性にとっては、とても深刻な問題です。 年齢とともに、勃起障害がおこりやすくなります。 しかし、20代30代の若い人でも、ストレスなどが影響して勃起障害になる人もいます。 EDは心因性と器質性に分けられます。 ストレスの影響を受けるのが心因性であり、器質性は加齢に伴う血管障害や脳から陰茎まで伝達する神経に障害があるとなってしまいます。 また、生活習慣病も勃起障害を引き起こす原因ですので、規則正しい生活をし、糖尿病などに罹患している場合は治療するべきです。 最近ではバイアグラ、レビトラ、シアリスなどたくさんの薬が開発されています。 医学の発達により、副作用もおさえられていて、長時間持続する薬などもあり、利用者のニーズに答えてくれます。 もし、勃起障害で悩んでいるなら、治療薬を使うことをおすすめします。 治療薬はとても効果があります。 多くの人が、実際使ってみて効果があったと言います。 一度でも良いので、病院で医師に処方してもらうか、あるいはネット通販を利用して使ってみてはいかがでしょうか。 ネット通販でED治療薬を買うならレビトラのジェネリック医薬品がオススメです。 レビトラのジェネリック医薬品にはビリトラというED治療薬があります。 レビトラと同等の効果を持ちながらも価格が安く手に入れることができるのが特徴です。 ビリトラは通販サイトで買うと安いのは確かなので利用してみると良いでしょう。

2019年07月16日
アルコールによるEDの原因

ED(勃起障害)の原因は様々ですが、そのほとんどが生活習慣に関係しています。 不健康な生活を送ることで体にそのツケがたまり、生活習慣病としての勃起障害を引き起こす可能性が高まるのです。 ここではそんな勃起障害と不健康な生活習慣の代表である飲みすぎとの関係について説明していきます。 お酒には「酒は百薬の長」「酒は飲んでも飲まれるな」といった効用を説く諺と飲みすぎを戒める諺があります。 つまり、その人にとって適量の飲酒なら様々な効果を期待できますが、過度に飲みすぎるといろいろな弊害が出てくるということです。 実際、アルコールは適量であれば勃起にも良いと言われています。 なぜなら、アルコールには勃起障害を引き起こす酸化ストレスを減らす効果があるからです。 また、本能に働きかけて性的な興奮も引き起こしてくれます。 しかし、これが過度の飲酒となると話が違ってきます。 アルコールを大量に取ると大脳の働きが抑えられてしまい、性的な興奮がなくなってしまいます。 そして、この状態が続くと勃起障害になることがあります。 飲みすぎでたまたま上手くいかないことはあるでしょうが、それがストレスになって心因性の勃起障害になってしまうと深刻です。 性行為をする前は適度な飲酒に留めて、性的な興奮を高めるのが良いでしょう。 また、ED治療薬を飲んでいる時も過度の飲酒は禁物です。 アルコールはいわば性的興奮を高めるための「潤滑油」のようなものなので、これが多すぎるとED治療薬の効果がなくなってしまうでしょう。 更にアルコールには血管拡張作用もあるので、薬と一緒に飲むことで低血圧になるなどの副作用も出やすくなります。 なので、ED治療薬を服用している時は普段より飲酒に気を配った方が良いでしょう。

2019年06月16日
生活習慣病がもたらすED

現在我が国の勃起障害(ED)の患者数は1130万人と推定されています。EDで悩む人は意外と多いことがわかります。 勃起障害は、心因的な要因で起きる機能性EDと内分泌疾患や生活習慣病、脳血管疾患、陰茎や海綿体の構造に異常があるなどの器質性EDの2つに分類されています。 その中で、生活習慣病による勃起障害は予防が可能です。 動脈硬化や高血圧になると、勃起時に陰茎へ血液が流入しなかったり、陰茎から血液が流出してしまうことがあり、これらが原因で勃起障害が起こります。 動脈硬化や高血圧を予防するには、肥満にならないように食べ過ぎに気をつけ、塩分を取りすぎないことが大切です。 ラーメンなどの麺類の汁は飲み干さずに半分くらい残しましょう。みそ汁は具沢山にしましょう。 漬物、魚の干物、たらこ、ハムなどの塩分が多いものがオンパレードとなった食事を見直すなどで、かなり減塩できます。 また、醤油はかけるのではなく、付け醤油にしたりスプレーすると少ない量で、すみます。 野菜は毎食しっかりと食べましょう。 野菜に多く含まれるカリウムは、ナトリウムを体外に排泄する働きがあり、血圧を下げることに繋がります。 海藻もカリウムが多く、水溶性の食物繊維も取れますので、食卓に取り入れましょう。 酢の物やサラダに海藻をプラスしたり、みそ汁にワカメを入れたりと、一工夫すると良いでしょう。 運動も動脈硬化や高血圧の予防には大切です。 週に数回フィットネスクラブに通っていても、普段は全然体を動かさないのでは、あまり効果はありません。 少し遠回りをしてあるいて駅まで歩く、毎日散歩をする、エレベータやエスカレーターは使わず階段を昇り降りするなど、毎日の積み重ねが大切です。 生活習慣病を予防して肉体年齢が若い人は、見かけ年齢も若いと言われています。 格好良い男性であり続ける為の努力は、勃起障害の予防にも結びつきます。

2019年05月28日
勃起障害の年齢とリスク

最近ではedという言葉をよく耳にします。 広告などで1度くらいは目にしたことがあるかと思われます。 若いときは何ともなかったが、中高年になると勃起障害があらわれてきます。 しかし20代30代でも勃起障害があらわれる人もいます。 若くてなる人はストレスなどの影響を受けた心因性の場合が多いです。 ストレスや悩み事があったり、常に緊張状態にあると、その影響を受けてしまいます。 この場合、メンタルな部分も大きいのでカウンセリングを受けたり、ストレスをためないように生活をし、バートナーの協力も必要になります。 また常に緊張状態ですと交感神経が優位ですので、勃起の時に必要な副交感神経が優位な状態にしなければなりません。 自律神経のバランスをとる良い方法は腹式呼吸をすることにより、改善されます。 だれでも、できますのでおすすめします。 また勃起障害の年齢で一番多くを占めるのが、50歳代60歳代です。 約半数がインポテンツの自覚症状があると言われています。 2人に1人ですので、かなりの数です。 そこで、バイアグラなどの治療薬を使っても良いのですが、中高年になるとリスクが上がります。 年齢とともに糖尿病や動脈硬化、心臓病などに罹患している確率が上がりますので、注意が必要です。 薬の飲み合わせもありますし、副作用もでやすくなりますので、医師と相談し自分にあった薬を処方してもらうことが良いと思います。 やはり、治療薬ですので体にも負担がかかりますので中高年の人は特に注意が必要です。 自己判断で薬の量を増やしたりするととても危険です。 また、既往歴や普段飲んでいる薬を医師に十分説明するべきです。 インポテンツ治療薬は医師の指示のもと安全に使えば、最高の薬です。

2019年05月18日